太陽光発電は、どの家庭でも設置出来るかと言うと、そうではありません。 ・屋根の構造 ・地域 ・屋根裏のスペース これらが原因で、太陽光発電が設置できない場合もあるのです。 詳しく説明していきますが、屋根が金属瓦屋根や二重張り屋根の場合、設置する事ができません。 柔らかすぎたり、金具が止められないといった理由で、設置ができないのです。 また、平らな陸屋根も強風を受けるので、設置することはできますが、しっかりとしたベースを作らなくてはいけないため、費用がかなりかかってしまいます。 それに、積雪地域や海岸沿いの地域、温泉(塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、単純温泉、二酸化炭素塩泉、硫黄泉、放射能泉、酸性泉、鉄泉などがあります)地などは、設置できない可能性もあるでしょう。 それは、太陽光発電を設置されたとしても、効果があまり感じられないからだそうです。 そして、屋根裏のスペースですが、太陽光発電を設置する際、屋根裏に補強材を当てるため、屋根裏が狭い、または、屋根裏がない場合は、設置できません。 太陽光発電の設置を考えている方は、業者に一度見てもらうといいでしょうー